「ほっ」と。キャンペーン

群発頭痛 頭痛対策


by gunpatsu-drug

在宅酸素療法


私の場合何と言っても酸素吸入が劇的に効きます。
おなじみの頭痛大学で酸素が効果があるというのを読み、どうやったら酸素吸入が出来るのか調べて見ました。当初病院に行かないと吸入は無理と思っていましたが、かかりつけの医者が紹介してくれ、酸素ボンベを家庭に置くことが出来、夜中に頭痛が来ても酸素吸入(毎分7L)すれば20分くらいで消えます。携帯用のボンベ(1.5Lのペットボトルの倍くらいの大きさで重さは3kgくらいかな)も持っており、バッグに入れて会社にも持っていき、イミグランで治まらなかった時は、それを会社の診療所に持ち込んで吸入しています。この場合でも20分か30分で治まります。ボンベの値段はそれほど高くなく、家に置いてあるボンベは1,500Lで2,800円で、携帯用の方は少し高めですが、(確か)300Lで1千円台だったと思います。ちなみに1回に使う量は毎分7Lでおよそ20分なので、140Lくらいです。これを扱っている会社さん(私の場合は帝人さん)は、本来は呼吸器系の疾患で酸素が必要な人に提供しているようです。しかし神経内科の医師の処方があればボンベを配達・設置してくれます。(確か最初は医師からボンベを扱っている会社に直接依頼を入れないとだめだったような。)




8年ほど前に群発頭痛と診断され、それ以来、酸素吸引で何とかしのいでいます。
私の場合、就寝後等で痛みが襲ってきて、酸素7~10リットルを10~15分程度吸引すると痛みが引いていきます。
ただ、酸素吸引で痛みを抑えることが出来ても、その後寝た場合、何度も激痛が襲ってきて、その都度酸素吸引の日々です。
ひたすら痛みを我慢した場合は、その後痛みは出なかったような気がします。
クスリじゃないですが、酸素吸引も、やりすぎると痛みの回数が増えるのでしょうか???
ちなみに今回は1ケ月程度続き、3日前くらいにやっと去っていってくれました。
酸素ボンベは500リットルを8本くらい使ったような気がします。
千代田酸素さんにはいつも感謝です。
土日や、GW中にも手配して頂き、感謝、感謝です。



今回、初めて本格的に酸素を使ったのですが、以前にも書いたように、夜中に痛みが襲ってくる回数は、増えましたが、酸素のおかげで、MAXになる前に収まり、イミグランも飲まなくて済みました。
それに、早く終わりました、回数が多い分期間が短かったのでしょうかね。いつもの2/3の期間で、済みました。
病院へそのことを報告したら、先生から
 「もう、年だからね…そろそろ年齢的にも群発が収まる時期かも」
と、失礼な事を言われましたが、
 「夜中に3回もきたら、寝られなかっただろう」
と、やさしい言葉もいただきました。
 とにかく、酸素は今までの中で、私には一番あっていたようです。


酸素はリースでした。
酸素は、ボンベではなく、冷風扇のような形をした、電気的に酸素を作る機械を2台設置し、(1台5ℓしか生産能力がないので)ホースをつないで、10ℓの酸素を吸入するというものでした。マスクも酸素が漏れにくく作ってあるものです。 

リースは月極なので、今月いっぱいは家にあります。
実質は1ヶ月も使用しなくて済んだのですが、時期が2ヶ月にまたがってしまい、先生のご配慮で、今月分は無料にしていただきました。!(^^)!
「返却するのは、不安だろうから、今月中だったら好きなときに返せばいい」
と仰ってくださったのですよ。

ほんとうに良い先生にめぐり合ったと思います。



酸素は楽になります。でも発作中は呼吸も苦痛なんですよね。



今回初めて家に酸素を設置したのですが、効果は絶大です。
酸素は痛みがMAXにならずに治まるので、随分楽です。
しかし、収まっても、また3時間後ぐらいに痛みがやってきます。
以前は夜中1回の発作で済んでいたのですが、今は、2回+起床後まもなく1回というパターンが多いようです。

それでも激痛を味わなくて良いので、あと3週間、少々睡眠不足気味ですが、“酸素様、どうかこのまま激痛を抑え続けてくださいませ。”



酸素も、病院まで遠いので、あまり意味がなかったのですが、今回、先生と相談して、家庭で、吸引できるように業者さんを紹介していだだきました。
ゆうべ早速痛みが襲ってきて、試しました。
“来たな?”と思ったときにすぐ吸引できるので、ホントに苦しい思いをせずに、収まりました。
ちょっと、コストはかかったけど、あの痛みには代えれません。
次回のシーズンの為に、貯金しておこう!!



35歳で入院したときに主治医より酸素が効果的と教えられてそれが自分にとって一番いい治療でした。まさに地獄に仏です。3ヶ月後退院してからはどうしても手元に酸素ボンベを置いておきたくて主治医を通じて5キロボンベを2本購入しました。以後再発時にはボンベ君とともに戦っています。



予防薬の服用と同時に在宅酸素療法を2回ほど実施し,かつ群発終期だったようで,酸素の効果が今ひとつハッキリしませんでした。。。
酸素の効果についてはまた3~4年後(笑)にご報告させていただきます!(寛解期を迎えたので。)



家で吸えるようにできないかときくと、それは無理という答えだったので、
間中先生のHPで、在宅酸素療法酸素ボンベ宅配システムだったかな・・・そんなような名前を見つけまして、間中先生に直接メールでお願いして指示書を書いていただきました。診察を受けたこともないのに・・・。本当にありがたいことで。
群発の症状と1度酸素を吸ったら効果があったことなどを長々と書いた記憶があります、必死だったので(苦)。
書いていただくまでに、何度か病院に電話をしたりかかってきたりしましたが、そんなに大変ではありませんでした。
ただ、業者の人は、個人で契約をしている人はいないこと、指示書が神奈川の先生ということで怪しんでましたが(笑)。
個人契約なので保険はききませんが、病院まで行くことを考えたら家にある方が安心です。
今は酸素もあまり劇的にきかなくなってしまいましたが。
1年半おきぐらいの間隔で群発になりますが、期間があいても業者さんは酸素をもってきてくれますよ。
私も酸素がいいらしいよと耳にしてから吸えるようになるまで、5年ぐらいかかりました。



私の場合の経験談ですが在宅酸素療法は、医師に相談し処方詮が必要です。その後、同病院で業者を紹介していただき、ボンベ購入(私の場合は購入しました。レンタルも出来るのですが、いつ来るか判らないので、取り合えず1本!1.5Lタイプ用意しました。)あと、必要なのは酸素減圧用のレギュレータ・・・酸素購入先ではレンタルはして貰えず買取でした、レンタルも出来るところも在るようですが、その時は何が何でもと、気持ちも在り、地元の医療器具問屋を探し出し購入しました。

後に出張用に車にも積める0.5Lボンベも購入しました。

ボンベ本体レギュレーターの10年以上前なので金額は忘れてしまいました。
酸素は中身のみで2000円から3000円程度だと思います。

私の場合は酸素は呼吸が大変楽になります。ある程度、理性も落ち着く感じで効いてきます。徐々に痛みも和らぎ鎮圧成功になるんですが、タイミングが悪いとなかなか利きが悪い時もあります。

今は会社にはボンベ置かせて貰ってます。ウズウズきたら、点鼻シュ!ボンベオン!シューてな感じで毎日、人目にはばからず薬の効果と酸素に頼ってます。お客には心配させたくは無いんで見せられませんが・・・そんなときは人気の無い更衣室でただ隠れて頭抱えてシュー・・・利きが早いと20分程度で効果があります。

医師と容量、呼吸法、使用法など、じっくり相談してからの方が当然、熟知してからの在宅での使用となります。



病院で痛くなり始めて,
痛み50%くらいで,酸素を吸い始めました。
すると,5分たったら,頭痛と涙が止まってました。



私的に酸素吸入をおすすめします。私の住んでいる所の病院はほとんど回りましたが群発頭痛すら認めてくれませんでした。在宅酸素を手配してくれたのも間中先生でした。おかげで今では毎日来た頭痛も、2~3日に一度になりましたし、一度の痛みも酸素を吸って長くて15分位でおさまるようになりました。たまに効かない日もあるのですが・・・
値段もレンタルということなので酸素ボンベ代1500円で私の場合2年位もちます。



酸素は今の主治医さんに頼んで、そこに営業にこられている、酸素屋さんの営業マンを紹介してもらうのが、いいと思います。ボンベはレンタルで中の酸素だけお金を払うようになってます。僕は7Lのボンベを2本自宅においてます。初めはボンベに取り付ける減圧弁を買い取りしないとダメなので、効き目を確かめるのであれば、発作の時に病院で吸入さしてもらうのがいいのですが、タイミングが難しいので、携帯用の1.5Lくらいのボンベを借りるのがいいと思います。(携帯用には減圧弁がついてます)それと、これも僕の経験ですが、酸素吸入は予兆では効果がありません、あー痛い目がーあーと言う時ぐらいに吸入するのがベストです。そして、頭に少し響くかもしれませんが、深呼吸でないとダメです。肺を酸素で満タンにする位の気持ちで、吸入してください。




自分も試したことがなく、気になっていたので以前、酸素会社に問い合わせをしました。なにやら、群発頭痛は在宅酸素療法適応疾患に含まれていないらしく、病院で酸素を吸わせてもらうのが一般的とのことで、その上でお医者様と相談の上、病院に出入りしている酸素会社によっては応じてくれるところがあるかもしれないということでした。
自分の中で、次回に試してみたいものの筆頭なのです。あ~、吸ってみたい!(笑)って感じです。
医薬品である酸素は、処方のない患者に販売することは禁じられているそうです。また肺疾患のない患者の高濃度酸素の高流量での吸入は、高炭酸ガス血症や炭酸ガスナルコーシスなどの疾患を招く危険性を有するそうです。各々お医者様と十分に話あってってところでしょうか。
[PR]
by gunpatsu-drug | 2006-10-26 00:00 | 酸素療法